コワーキングスペース・シェアオフィスの開業について

ノマドワーカーが増えたこと、ワークフロムホームの必要性が高まったことなどを背景に、コワーキングスペースやシェアオフィスがとても増えています。現在、オフィスビルや雑居ビルの空き室を利用してこのようなスペースを始めようという方も増えているようなので、この記事では、コワーキングスペースやシェアオフィスの開業についてご説明していきたいと思います。

コワーキングスペースやシェアオフィスとは何?

コワーキングスペースとシェアオフィスは、基本的には同じです。ただ、傾向としては、コワーキングスペースはオープンスペース、シェアオフィスは区切られたスペースで仕事をする場合が多いようです。あくまで傾向なので、明確な区別があるわけではありません。どちらも月契約や年間契約によりインターネット接続や電源、ドリンクなどを無料で使えるシステムになっています。好きなときに立ち寄るだけで施設を利用できる「ドロップイン」のサービスを提供しているところもあります。

ビジネスチャンスがあるところ

コワーキングスペースやシェアオフィスは、さまざまな人が利用しています。その多くは起業家やIT系の技術を持ち、特定のオフィスを持たずに働くノマドワーカーと呼ばれる人たちです。一人ひとりがスキルを持っているので、スペースの利用者が互いに協力して新しいビジネスを生み出したという事例もあります。スペースによっては定期的にスタートアップに関するイベントやワークショップを開催しているところもあるようです。

ただの仕事場とはいえ、なかなか集中できるスペースは限りがありますから、多くの利用者にとってコワーキングスペースはありがたい存在になるはずです。カフェの場合は仕事の人だけでなく、おしゃべりに来る人たちも多く、席取りも深刻な問題ですが、コワーキングスペースやシェアオフィスであればそんな問題はありませんし、よほど生産的です。

コワーキングスペース・シェアオフィスを開業する

どんなビジネスでも、始めるに当たっては準備が大切です。自分では最高だと思っているアイデアでも、利用する人がいなければビジネスは成り立ちません。ニーズがなければダメなのです。マーケットを知りましょう。そして競合調査も重要です。開業を予定しているエリアにあるライバルを徹底的に調査しましょう。
開業を予定しているエリアには、どんな属性の人が多く、どんな人をターゲットにするとコワーキングスペースに人を呼び込めるのか考えることも重要です。ターゲットが絞り込めたら、彼らにどんなことを提供できるのかを考えます。もちろん、自分が得意としている戦略もあると思いますので、ターゲットに合わせてサービスを提供してもよいのですが、自らが得意とする戦略に合致するエリアにオフィスを開くこともまた戦略です。

コワーキングスペース・シェアオフィス用の物件

コワーキングスペース・シェアオフィス用の物件は、利用しやすい駅近の物件が人気です。しかし、駅近というとなかなか家賃も高くなりがちなので、我慢強く探さなければなりません。もちろん、オフィス街であれば、会議室スペースを用意すれば、かなり需要があるはずです。オフィスはあっても、働きやすさを理由にコワーキングスペースを利用している人はいます。

スペースのレイアウト

コワーキングスペースは、働きやすさと心地よさを両立したところが多く、中には海が一望できるところもあります。場所にもよりますが、海が一望できるオフィスは家賃もそれなりに高そうですが、コワーキングスペースならリーズナブルな料金で使えます。

コワーキングスペースやシェアオフィスでは、このような心地よさと同時にベーシックな部分での心地よさも無視するわけにはいきません。OA機器の配置や電源の位置、リラックススペースの位置、ロッカーなど、さまざまなポイントがあります。このようなスペースのレイアウトも、働きやすさを考えると非常に重要です。利用者がストレスなく働ける空間にするには、デスクの位置をまず決めます。ユーザーが絶対に使うものは、電源でしょうから、電源はなるべく多く設置したほうがよいでしょう。

コワーキングスペース・シェアオフィスの集客について

ビジネスを始めても、利用する人が来てくれないとビジネスとはいえません。ビジネスがしっかりそこにあることを、周知しなくてはならないのです。現存するコワーキングスペース・シェアオフィスのほとんどが、SNSやブログなどを開設して集客を行っています。また、ネット広告の利用も効果的です。スペース自体がオープンすることを周知するにしても、SNSやブログは効果的なので、開業前の段階から記事をアップして、利用者に存在をアピールするとよいでしょう。多くの利用者にスペースが知られるようになるまでは、ある程度の時間がかかりますので、SNSやブログを利用した情報提供も根気よく続ける必要があります。

コワーキングスペース・シェアオフィスの形態

コワーキングスペース・シェアオフィスは、完全に個人で立ち上げるタイプと、フランチャイズとして立ち上げるタイプがあります。この類のビジネスは、まだ比較的新しいビジネスなので、成功モデルというものはあまりありませんが、フランチャイズなら、ノウハウを持っているので、ストレスなく開業までのプロセスを進められるはずです。このようなフランチャイズは現状、少ないのですが、いくつかは存在するので調べてみるとよいでしょう。

コワーキングスペース・シェアオフィスの内装工事

コワーキングスペース・シェアオフィスは、すでにご紹介したように、働きやすさと心地よさがポイントです。そのため、あまりにも事務的な感じのするインテリアでは、あまりユーザーを集めることはできないでしょう。今でこそコワーキングスペースはたくさんありますが、元々コワーキングスペースだったという物件はなかなかありません。既存の雑居ビルの空き室や、スケルトンの物件なら、それらしい雰囲気に仕上げやすいと思います。

コワーキングスペース・シェアオフィスに必要な条件

コワーキングスペース・シェアオフィスの開業に欠かせない条件をまとめてみました。

コワーキングスペース・シェアオフィスの運営でもっとも重要なのは「人」です。このようなスペースでは、人と人との結びつきが重要な要素ですが、これをうまく仕切ってコミュニケーションを促進させることのできる存在がもっとも必要とされるのです。同時に、ビジネスを進めていくうえで重要な情報を収集する力と情報を発信する力を持つ人材も、このビジネスには求められています。

ロケーション

こちらはすでに少しお話ししましたが、予算が許す限り、人が集まりやすいところに出店したいものです。集客において、駅からのアクセスは非常に大きい要素となります。目印になる建物などの近くであれば、なおよいでしょう。

ほかとは異なる強み

近くにライバルとなるスペースがある場合は、差別化を図らなければ競争に負けてしまいます。何かほかとは異なる強みを持つスペースであることはとても重要です。たとえば、外国人との交流がしやすい環境を整備したり、投資家とコミュニケーションが取れるイベントを開催したりすることで、ほかとは異なる強みを備えることができます。コワーキングスペース・シェアオフィスはまだまだ新しいビジネスではありますが、将来の展望は明るいビジネスです。十分な準備をして、魅力あふれるコワーキングスペースを開きましょう。